ここから本文です

ヤクルト連敗脱出も不安だらけ

6/12(月) 16:45配信

東スポWeb

 長いトンネルをやっと抜けた。ヤクルトは11日のロッテ戦(ZOZOマリン)に9―6で勝ち、交流戦初勝利。先発のブキャナンが7回2失点と好投すれば、打線も初回に一挙7点を挙げるなど12安打9得点し、連敗を10で止めた。

 ただ、素直に喜べない部分もある。9―2の8回に2番手のルーキが先頭・吉田から3者連続で四球を与え、無死満塁のピンチを背負うと、角中の適時打、パラデスの内野ゴロで2点を失う大乱調。

 ベンチは慌てて3番手・久古にスイッチ。二死とするも、守護神・秋吉をつぎ込むハメとなった。真中監督は「連敗中なので8回は(いい)流れがそのままにならなかった。改めて(勝つ)難しさを感じた」と厳しい表情だった。

 ヤクルト関係者も不安を感じたようで「このままいくと心配。あんな大差をつけて勝っていたのに、最後は3点差だからね。この先が思いやられる」と話す。

 昨年、史上初の2年連続トリプルスリーを獲得した山田の不振も続いている。この日は初回無死三塁で中越え適時二塁打を放ったが「復調のきっかけ? まだわかりません。相手もあることなので」と言葉少な。真中監督も「まだ1つ勝っただけなので」と話し、連敗ストップも重苦しい雰囲気はなかなか拭えそうにない。

最終更新:6/12(月) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 9:05