ここから本文です

調布で「まちなかラグビー」イベント 「3対3」ラグビーで国際大会PR /東京

6/12(月) 11:30配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 調布駅前広場で6月18日、ラグビーイベント「第1回調布まちなかラグビー」が開催される。(調布経済新聞)

 ラグビーワールドカップ2019日本大会、東京2020オリンピック競技大会7人制ラグビーが調布市で開催されることが決まり、今月24日は「リポビタンD チャレンジカップ2017ラグビー日本代表対アイルランド代表戦」が同市の味の素スタジアムで開催されることから、機運醸成と競技普及を目的としたイベントを調布市と調布ラグビーサークルが企画する。

 同イベントでは、20メートル×8メートルのフィールドでラグビーボールを使い、3人対3人でプレーするラグビーゲームを行う。タックルの代わりにタッチで相手の動きを止めるなど、安全で簡単なルールにより、子どもやラグビー未経験者でも気軽に参加できる。参加者先着1000人にラグビーグッズを進呈する。

 当日は、ケータリングカーによる飲食ブースやラグビーの各大会PRブース、ラグビー日本代表ジャージーサプライヤーである「カンタベリー」が出店するほか、同日開催の「調布国際音楽祭2017」と連携し、ウエルカムコンサートを同会場で開催し、会場を盛り上げる。

 同市行政経営部の菊地さんは「調布駅前広場でスポーツをする機会はなかなかない。多くの人に会場に足を運んでもらい、イベントを通じてラグビーワールドカップ2019日本大会や東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会について知っていただき、ラグビーに親しんでほしい」と話す。

 開催時間は10時~15時。入場無料。雨天中止。

みんなの経済新聞ネットワーク