ここから本文です

空気に感謝、舞奉納=山形県朝日町〔地域〕

6/12(月) 9:56配信

時事通信

 山形県朝日町で、空気に感謝する「空気まつり」が開かれた。周辺の景色を反射することで空気を表現した5メートル四方のステンレス製の台座の上で、巫女(みこ)装束に身を包んだ地元の小学生が舞を奉納した。

 町観光協会によると、地元の有志によって1990年に開設された空気神社は、空気をまつった世界唯一の神社。祭りは国連が「世界環境デー」に定める6月5日に最も近い土日に開かれる。この間だけ、「ご神体」の空気が入ったかめが置かれた本殿が公開され、今年も多くの参拝客でにぎわった。

 夫と一緒に初めて訪れた会社員の庄司敏子さん=山形県河北町=は、四季に感謝するため、4度かしわ手を打つ、空気神社の独特の方法で参拝。「普段、自然に感謝する機会はないので、来てよかった」と笑顔で話した。 

最終更新:6/12(月) 10:38
時事通信