ここから本文です

【投資のヒント】大幅な減益予想ながら増益で着地した銘柄は

6/12(月) 18:10配信

ZUU online

日本経済新聞の集計によると上場企業の2017年3月期の決算は急ピッチで進んだ円高の影響で売上高が前の期に比べ減収となったものの、2年ぶりに増益となりました。こうしたなか第3四半期時点では減益を見込みながら、終わってみれば増益で着地した銘柄もみられます。

そこで今回は第3四半期時点で二桁の大幅減益予想だったものの、結果は増益となった3月決算銘柄をピックアップしてみました。

そのなかには第3四半期時点で二桁の減益予想だったにも関わらず二桁の大幅増益で着地した銘柄も幾つかみられます。

例えばピーエス三菱 <1871> では第3四半期時点で2割を超す減益を予想していましたが、結果は3割近い増益となっています。また、一桁の増益に止まったものの、ニチユ三菱フォークリフト <7105> では、第3四半期に見通しを減益予想に下方修正しながら大きく上振れて増益で着地しています。

金山敏之(かなやま・としゆき)
マネックス証券 シニア・マーケットアナリスト

最終更新:6/12(月) 18:10
ZUU online

チャート

ピーエス三菱1871
840円、前日比+4円 - 11/17(金) 15:00

チャート

三菱ロジスネクスト7105
930円、前日比-9円 - 11/17(金) 15:00