ここから本文です

琴音「手応えある」2位 初Vのがすも猛追の1打差

6/12(月) 6:03配信

デイリースポーツ

 「女子ゴルフ・サントリーレディーし・最終日」(11日、六甲国際GC=パー72)

 優勝は前日からの首位を守った通算15アンダーのキム・ハヌル(韓国)。ツアー初優勝を目指した堀琴音は1打差の2位だった。

【写真】宮里藍への恩返し初優勝を誓っていた堀だが…

 悔しさと自信が入り交じっていた。首位と3打差でスタートした堀はパットが光り、5バーディーの猛チャージ。1打届かず2位に終わったが、激しい優勝争いを演じた。

 圧巻はキム・ハヌルが先にバーディーを奪い、迎えた17番のバーディーパット。約5メートルを沈め、勝負を18番までもつれ込ませた。「奇跡です。たまたま」と目を丸くした堀だったが「入ったから18番も分からなくなった」。悔しげな表情で語りながらも「負けたけど、手応えはすごくある」とうなずいた。

 初優勝はお預けとなったが、大勢のギャラリーの前で見せた存在感はピカイチだった。