ここから本文です

さよならCJエンタ、「国際市場で逢いましょう」「怪しい彼女」など韓国映画18本上映

6/12(月) 12:05配信

映画ナタリー

「韓国映画“夏祭り”~さよならCJEJ~」と銘打たれた特集上映が、6月17日から30日にかけて東京・キネカ大森にて開催される。

【写真】「怪しい彼女」 (c)2010~2016 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved(他19枚)

これは、数多くの韓国映画を日本で配給してきたCJ Entertainment Japanのラインナップから選りすぐりの18本を上映するもの。2010年に設立された同社は、今年5月1日に業務終了を発表した。特集では、韓国の激動の歴史を家族の絆を通してつづるファン・ジョンミン主演作「国際市場で逢いましょう」、日本でも多部未華子主演でリメイクされたコメディ「怪しい彼女」、アクションやサスペンスを得意とする監督リュ・スンワンが手がけた「生き残るための3つの取引」「ベルリンファイル」「ベテラン」などバラエティ豊かな作品がスクリーンにかけられる。

なお、6月17日には「アシュラ」の絶叫爆裂上映を開催。声出しやコスプレ、鳴り物の持ち込みが可能な参加型イベントだ。同日の「サニー 永遠の仲間たち」上映後には、映画活動家の松崎まこと、ライターの西森路代によるトークイベントも。抽選でプレゼントが当たるスタンプラリーも用意されている。詳細はキネカ大森の公式サイトにて確認しよう。

韓国映画“夏祭り”~さよならCJEJ~
2017年6月17日(土)~30日(金)東京都 キネカ大森
料金:1300円均一
※「あの日、兄貴が灯した光」のみ通常料金
※TCG会員(火曜・金曜)、半券提示のリピーター割引は1000円
<上映作品>
「彼とわたしの漂流日記」
「ハーモニー 心をつなぐ歌」
「生き残るための3つの取引」
「サニー 永遠の仲間たち」
「トガニ 幼き瞳の告発」
「王になった男」
「私のオオカミ少年」
「ベルリンファイル」
「ダンシング・クイーン」
「怪しい彼女」
「今日の恋愛」
「国際市場で逢いましょう」
「ベテラン」
「探偵ホン・ギルドン」
「花、香る歌」
「荊棘(ばら)の秘密」
「アシュラ」
「あの日、兄貴が灯した光」

「アシュラ」絶叫爆裂上映
2017年6月17日(土)東京都 キネカ大森
開映 16:00
料金:1300円均一
※劇場窓口にて当日10:00より販売開始

「サニー 永遠の仲間たち」トークイベント
2017年6月17日(土)東京都 キネカ大森
19:00の回上映後
料金:未定
<登壇者>
松崎まこと / 西森路代

最終更新:6/12(月) 12:05
映画ナタリー