ここから本文です

翁長知事「心からお悔やみ」 大田昌秀氏悼む

6/12(月) 19:28配信

琉球新報

 大田昌秀元知事が死去したことを受けて翁長雄志知事は12日夕、県庁で会見し「突然の訃報に接し大変驚いている。心からお悔やみ申し上げる。これからも沖縄の歴史・沖縄戦の実相を後世に伝え、平和創造のために中心になって活躍いただけると思っていたが、かなわぬこととなり残念だ」と述べた。
 県民葬については「多くの人の意見を聞く中で、感謝して見送られる形をつくっていけるよう相談してやっていきたい」と前向きに検討する考えを示した。
 大田氏が知事時代には、翁長氏は自民党県連幹事長。米軍普天間飛行場の移設問題を巡っては、県内移設反対の大田氏に対し、反対の立場から激論を交わした。いま、大田氏と同じく翁長氏も基地問題で国と法廷闘争して対峙(たいじ)している状況について「基地問題はなんらあの当時から進まない。沖縄が置かれた立場は何も変わっていない。日本の安全は国民全体で考えてもらいたいというのは、大田知事と流れるものは一つ(同じ)だ」と語った。
【琉球新報電子版】

琉球新報社

最終更新:6/12(月) 19:28
琉球新報