ここから本文です

隠岐・海士町で大人のソフトボール大会 梅雨吹き飛ばす熱戦を披露 /島根

6/12(月) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 隠岐・島前中ノ島(海士町)の海士中学校グラウンドで6月11日、海士町ソフトボール大会が行われた。(隠岐経済新聞)

成人男女約250人が参加した

 49回目を迎える同大会。今年は、梅雨の合間を縫って晴れ上がった空の下、女性のみで編成された2チームを含む21チーム、約250人の成人が参加した。

 大会が終わると同島は夏の観光シーズンに向け準備に入る。多忙な時期を控え、レクリエーションへの参加は同大会がこの夏最後のチャンスになるという人も多いだけに、毎年、プレーは熱くなりがち。ひいきチームの応援を心待ちにする島民も多い。

 ブロックごとに設けたトーナメント戦で上位の成績を収めた2チームが臨む決勝戦では、昨年・一昨年と優勝の強豪・諏訪軍団A(中里地区)と東魂C(東地区)が対戦。お互い譲らぬ試合になったものの、打撃力で一歩勝った諏訪軍団Aが3対0で試合を制し、3連覇を飾った。

みんなの経済新聞ネットワーク