ここから本文です

富士フイルムHD、不適切会計で375億円の損失

6/12(月) 20:00配信

時事通信

 富士フイルムホールディングス <4901> は12日、グループ企業の富士ゼロックスの海外販売子会社で不適切な会計処理が2010年度から15年度まで6年間行われ、損失額が累計375億円に上ったと発表した。富士ゼロックスの山本忠人会長と吉田晴彦副社長を22日付で解任し、富士フイルムHDの古森重隆会長と助野健児社長が役員報酬の10%を3カ月間返上して責任を明確化する。 

最終更新:6/12(月) 21:33
時事通信