ここから本文です

NEXCO中日本、岐阜県内で初めて高速道路ナンバリング標識を設置

6/12(月) 11:58配信

Impress Watch

 NEXCO中日本(中日本高速道路)は6月9日、岐阜県内で初めて「高速道路ナンバリング標識」を東海環状自動車道で導入することを発表した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 作業は6月12日~13日の夜間通行止め(各日20時~翌6時)の期間中に、養老JCT(ジャンクション)~大垣西IC(インターチェンジ)において、計8枚が設置される。

「高速道路ナンバリング標識」は、アルファベットと数字を標識に取り入れることで、訪日外国人などにも分かりやすい道路案内を提供することを目的に導入が進められているもの。

トラベル Watch,編集部:稲葉隆司

最終更新:6/12(月) 11:58
Impress Watch