ここから本文です

【スーパー耐久 第3戦】混戦となった4時間決勝レース、ST-XはY’s distraction GTNET GT-Rが優勝

6/12(月) 18:33配信

レスポンス

2017年のスーパー耐久第3戦「SUZUKA“S耐”サバイバル」の決勝レースが11日、鈴鹿サーキットで行われ、ST-Xクラスは No.99 Y’s distraction GTNET GT-R(植松忠雄/星野一樹/藤波清斗)が今季初優勝を飾った。

[関連写真]

今回も予選から熾烈なタイムアタック合戦となり、盛り上がったST-Xクラス。2番手からスタートした99号車はスタートでトップに立つと、トップバッターを務めた藤波がレースをリードしていく。このまま独走状態に持ち込みたかったが、開始45分のところでセーフティカーが導入され、ここで予定を変更し1回目のピットストップを行なった。その一方で、現在ランキング首位のNo.1スリーボンド日産自動車大学校GT-Rなどはコースにとどまる作戦を選択し、レース中盤はピットストップのたびに順位が入れ替わる混戦となった。

その中でハイライトとなったのは残り1時間。藤波から植松、星野とバトンを繋いできて、最後のピットストップで再び藤波が乗車。ここで同時にピットストップしていたNo.3 ENDLESS・ADVAN・GT-Rが迅速な作業を見せ逆転しトップに浮上する。しかし、99号車の藤波はピットアウト直後から果敢に攻め立て、81周目のS字手前でオーバーテイクに成功。その後も気を緩めることができない接戦が続いたが、最後まで安定した速さを披露し、最終的に10秒のリードを築いて今季初のトップチェッカーを受けた。

2位にはNo.3ENDLESS・ADVAN・GT-R、3位にはNo.8 ARN Ferrari 488 GT3が続いた。

また1号車のスリーボンド日産自動車大学校GT-Rは、途中に他クラスのマシンと接触しマシンにダメージ。緊急での修復作業を余儀なくされクラス7番手と苦しい結果となった。

またST-TCRクラスは最後の最後で逆転トップに浮上したNo.98 Modulo CIVIC TCR(黒澤琢弥/石川京侍/加藤寛規)が今季2勝目。ST-1クラスはNo.31 Nissoku Porsche991GT3 Cup、ST-2はNo.59 DAMD MOTUL ED WRX STI、ST-3クラスは#62 DENSO Le Beausset RC 350、ST-4クラスはNo.86TOM’S SPIRIT 86、ST-5クラスはNo.88村上モータースMAZDAロードスターNDが、それぞれ優勝を飾った。

《レスポンス 吉田 知弘》

最終更新:6/12(月) 18:33
レスポンス