ここから本文です

【新日】IWGP王者オカダ LA決戦でCodyとV7戦「知名度を利用させてもらう」

6/12(月) 16:50配信

東スポWeb

 新日本プロレスのIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が、7月1日の米国・ロサンゼルス大会で元WWE戦士のCody(31)と7度目の防衛戦を行うことが12日、正式決定した。

 前日(11日)の大阪城ホール大会で、ケニー・オメガと60分フルタイムドローという死闘の末に防衛に成功したオカダは、この日の一夜明け会見で「60分は初めてのことですし、ケニー・オメガは強かったなと思います」と激闘を振り返った。

 しかし、王者に休息はない。団体初の米国ビッグマッチ・ロス決戦の初日でCodyとのV7戦が早くも決定。1・4東京ドーム大会から新日マットに参戦し、シングル3戦3勝の挑戦者について未知数の部分があるとしながらも「分からないからこそ楽しいと思いますし。逆に(米国でのCodyの)知名度を利用させてもらう。素晴らしい試合を世界中に届けたい」と、同戦を本格的な世界進出の足がかりにすることを誓った。

 またロス決戦2日目では、IWGPインターコンチネンタル王者・棚橋弘至がビリー・ガンと初防衛戦を行うことが決定。2日間にわたり行われるUSヘビー級王座決定トーナメントには内藤哲也、ケニー・オメガを筆頭とした全8選手のエントリーが併せて発表された。

最終更新:6/12(月) 16:50
東スポWeb