ここから本文です

トレンディエンジェル斎藤、「裸になって」半生綴った

6/12(月) 14:45配信

お笑いナタリー

トレンディエンジェル斎藤が6月10日、著書「ハゲましの言葉 そんなにダメならあきらめちゃえば」(小学館よしもと新書)の発売記念サイン会を東京・HMV&BOOKS TOKYOにて開催した。

【写真】「ハゲましの言葉 そんなにダメならあきらめちゃえば」(他6枚)

ハゲ、根暗、優柔不断……。ネガティブな要素を持ちながら芸能界で活躍する斎藤の座右の銘「ダメならいったんあきらめよう」の根源を紐解く本書。友達0人の高校時代、最愛の母の死、何度も失敗した初体験、最初で最後の純愛、芸人としてのどん底生活、そして敗者復活枠から優勝した「M-1グランプリ」の裏側など、自身の半生を隠すことなく明らかにしている。

同書について、「性事情の部分に関しては『これいるかな?』という部分もありましたけど、ここはもう裸になって、みんなにわかってもらおうと。失敗がすべて成功につながるということを言いたかった」と斎藤。「逆にM-1のところは『俺はこれだけのことをやったんだぞ』と、もうペンが走って走って(笑)」とスムーズに執筆が進んだという。

サイン会にはまだ売れていない時代、ブログにコメントを書いてくれていたファンの姿も。斎藤は「大学受験に失敗したけど、その後、浪人して大学に合格して就職されたそうで。自分の若いときを思い出した。応援してくれてた人がいるんだな」と目頭を押さえながらも「目頭2:50って感じですね」と芸人らしくボケてみせた。

最終更新:6/12(月) 14:45
お笑いナタリー