ここから本文です

青木定雄氏死去=タクシー会社、エムケイ創業者

6/12(月) 15:00配信

時事通信

 青木 定雄氏(あおき・さだお=エムケイ創業者、元会長)8日午前4時35分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため京都市の病院で死去、88歳。韓国生まれ。葬儀は近親者のみで済ませた。後日、お別れの会を行う。喪主は長男でエムケイ社長の信明(のぶあき)氏。

 1960年、エムケイ前身のタクシー会社を創業し、77年に社名変更した。タクシー料金の「同一地域同一運賃」の撤廃を求めて国と争うなど、規制緩和に挑み続けた。93年には全国で初めてタクシー運賃の値下げ認可を受けた。 

最終更新:6/12(月) 16:42
時事通信