ここから本文です

都立高で112人が食中毒 防災訓練の非常食が原因か

6/12(月) 20:15配信

朝日新聞デジタル

 東京都は12日、都立小岩高校で5月19~20日にあった防災訓練で、1年生の男女112人が腹痛や下痢などを訴える食中毒があったと発表した。いずれも軽症。発症時刻から、19日の夕食で出された非常食のわかめごはん(アルファ米)が原因の可能性が高いという。

 都によると、訓練は校内で1泊2日の日程で実施され、生徒358人が参加。わかめごはんは湯に30分間浸せば食べられるもので、具材の乾燥わかめから微量のウェルシュ菌が検出されたという。都教委は同種のわかめごはん計15万6450食を全都立学校に配布しているが、今月8日に摂食を控えるよう通知した。

朝日新聞社