ここから本文です

五輪種目のBMXフリースタイル・パーク 金目指す中村輪夢「誰よりも高く」

6/12(月) 15:27配信

デイリースポーツ

 20年東京五輪で新種目に決定した自転車のBMXフリースタイル・パークの15歳以下の世界王者で、すでにプロとして活動している中村輪夢(りむ、15)が12日、都内で公開練習を行った。

【写真】美女BMXライダーが明かした東京五輪の目標

 9日の国際オリンピック委員会(IOC)臨時理事会で、突然、五輪競技入りが決定。「全然考えてなかった」という夢舞台への挑戦に「自分がやってきたBMXのパークが種目になってとてもうれしい。五輪まであと3年。しっかり練習してメダルを狙いたい」と、はにかみながら意気込んだ。

 名前の由来は自転車の部品である「リム」から。元BMXライダーで、京都市内で専門ショップを営む父・辰司さん(42)は「一緒にBMXがしたくて、息子ができたら名前は自転車から付けようと思っていた」と、明かす。車輪、そして誕生日の2002年2月9日には冬季五輪が行われていたことから「輪」に、「夢」をつけた。輪夢は「父も(夢を)託してくれていると思う。頑張りたい」と、誓っている。

 公開練習では持ち前の高さのあるトリックを披露。「目立ちたがり」と話す15歳は「誰よりも高く跳びたい」と、意気込んだ。