ここから本文です

「健やかに育って」=パンダ出産にファン興奮―上野動物園

6/12(月) 16:50配信

時事通信

 「すごい」「よかった」。

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダの雌「シンシン」が出産した12日、同動物園周辺ではパンダファンや住民らは驚きの声を上げ、「健やかに育って」と祝福した。

 2カ月半の長女を抱え、4歳の長男の手を引いた主婦、島野真希さん(33)=品川区=は出産のニュースに「え、そうなんですかっ」と大興奮。この日が休園日とは知らずに訪れ、帰ろうとしたところだったが、「生まれただけでも奇跡。今度こそ健やかに育ってほしい」と喜びを爆発させた。

 長男は何度もパンダを見に来ているといい、島野さんが「絶対見に来ようね」と声を掛けると、笑顔でうなずいた。

 家族で散歩中だった主婦、吉田いずみさん(25)=江戸川区=も「すごい」と驚き、「大人になるまで育ってほしい」。ベビーカーの長女琴葉ちゃん(1)の手を取り、「見に行きたいですかー、はーい」と話し掛け、顔をほころばせた。夫は「子育て頑張って」とシンシンにエールを送った。

 近くを通り掛かった60代の女性も「生まれたんですね。よかった。孫を連れて遊びに来たい」と笑顔を浮かべた。

 シンシンや雄リーリーの写真を撮り続け、ブログ「毎日パンダ」に掲載している会社員、高氏貴博さん(39)=さいたま市大宮区=は「よく頑張ったね、おめでとう」と破顔。2012年にパンダの赤ちゃんが生後6日で死んでしまったことに触れ、「まず一週間を乗り越えないと」と話し、今後、公開されても「刺激を与えないように見守りたい」と語った。 

最終更新:6/12(月) 17:04
時事通信