ここから本文です

列車とクマが衝突 150キロのクマ死亡、乗客けがなし

6/12(月) 23:02配信

朝日新聞デジタル

 12日午後6時35分ごろ、長野県大町市平のJR大糸線南神城―簗場駅間で、南小谷発信濃大町行きの普通列車(2両編成)が線路上でクマと衝突し、停車した。列車に損傷はなく、乗員乗客約30人にもけがはなかった。

 長野県警大町署とJR東日本によると、ぶつかったクマは体長約1・6メートル、体重約150キロの成獣。その場で死んでいるのが確認された。地元の猟友会らによって約2時間後に線路上から撤去されるまで、後続の上下線計4本が運休するなどして、約100人に影響が出た。

 同署は「現場付近はクマが出没する地域ではあるが、列車と衝突するのは大変珍しい」としている。(津田六平、大野択生)

朝日新聞社