ここから本文です

北斗晶 目標は「おびゴハン」全国放送!闘病経て伝えたい「元気になれるよ」

6/12(月) 9:00配信

スポニチアネックス

 ◇北斗晶インタビュー(下)

 元プロレスラーでタレントの北斗晶(49)が、今年4月にリニューアルされたTBSの料理番組「おびゴハン!」(月~木曜前9・55、一部地域を除く)のMCを務めている。一流シェフが主菜、主婦代表の北斗が副菜と2品を提案。その日の夜のメニュー決めに役立つと好評で、北斗とシェフの掛け合いも話題を呼んでいる。北斗に話を聞いた。

 ――放送開始から約2カ月。周囲の反応はいかがですか?

 「うちは共働きで夫婦どちらも料理をするので、夫(元プロレスラーの佐々木健介)には『おびゴハン!』のLINEアカウントやホームページを登録してもらって、どんどんレシピを教えています。今まではレシピ本などを読んで料理を作っていましたが、『こんなに簡単にできるんだ!』と興味を持ってくれたので、趣味が広がったみたいです」

 ――「おびゴハン!」で作る料理について、ご家族の反応はいかがですか?

 「普段作る料理もおいしいおいしいと食べていますが、下の子も大きくなってきているので、いろんな料理を食べさせてあげたいと思っています。忙しいとローテーションになりがちですが、『おびゴハン!』でシェフに教わったレシピならバリエーションも広がるので、子どもたちも喜んで食べています。この間は教わった海南鶏飯をすぐ作ってあげました。家族全員、万年食べ盛りなのでボリュームたっぷりです(笑い)」

 ――今後、番組をどのようにしていきたいとお考えですか?

 「『おびゴハン!』を知らない人に、もっともっと知ってもらいたいです。まずは番組を見てもらって、リピーターになってもらって、目指すは全国放送!(笑い)最近では、いろんなジャンルのシェフにも登場してもらっているので、お家で手軽に世界中の料理が食べられるような、チャレンジングな番組にしていきたいです」

 ――この番組に限らず、今後の芸能活動はどのようにしていきたいとお考えですか?

 「できることには何でもチャレンジしていきたいです!闘病(2015年9月に乳がん手術、16年11月に芸能活動再開)もしたけれど、同じような境遇の人に何より伝えたいのは『大丈夫だよ、元気になれるよ』ということ。それを自分の活動の中で伝えていけたらと思っています。また、自分自身も人生まだまだこれから。できることなら世界中の料理を制覇したいですね(笑い)。どこの家庭もそうだと思うけど、家族も協力し合ってどうにかやっていっています。それは、これからも変わらないと思います。直近の目標は、痩せることですね。(笑い)」