ここから本文です

<ロシア>反政府デモ、同時開催 250人以上が拘束報道

6/12(月) 22:49配信

毎日新聞

 【モスクワ杉尾直哉】ロシア政府の腐敗を糾弾する反政府デモが12日、首都モスクワなどロシア各地で同時に開催された。メドベージェフ首相ら政府要人の腐敗問題を追及する人気ブロガーで、野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏の呼びかけによるもので、デモを排除しようとする治安当局と参加者がもみ合いとなり、AFP通信は、全国で計250人以上が当局に拘束されたと報じている。

 モスクワでは中心部のトベリ通りで行われ、数千人が参加。デモ参加者は「プーチンなきロシアを」「ロシアを自由な国に」などと叫び、気勢を上げた。デモ隊が突入すると「パゾール(恥)!」の連呼で抗議した。露メディアによると、モスクワで当局側はデモ隊に対し、催涙ガス弾を発射して排除を試みたといい、AFPによると、モスクワだけで約120人が拘束された模様だ。

 ナワリヌイ氏の妻ユリアさんによると、ナワリヌイ氏はデモ開始直前に当局に拘束された。ナワリヌイ氏は3月26日にも全国で起きた大規模な反政府デモを主導し、首都モスクワだけでも1000人以上の拘束者を出していた。来年3月に想定されるロシア大統領選挙へ向け、ナワリヌイ氏はデモを通じて反プーチン勢力を結集しようとしている。

最終更新:6/13(火) 14:00
毎日新聞