ここから本文です

「お江戸みやげ」代役の波乃久里子、乳がん闘病の藤山直美に「今日も守ってくれてると思う」

6/12(月) 12:46配信

スポーツ報知

 女優の波乃久里子(71)、歌舞伎俳優の市村萬次郎(67)が12日、東京・湯島天神で新橋演舞場7月公演「七月名作喜劇公演」(3~25日)の「お江戸みやげ」成功祈願を行った。

 当初は女優の藤山直美(58)が主演のお辻を演じる予定だったが、2月に藤山が乳がんを公表し、藤山から波乃に変更。作品の舞台となる湯島天神で、波乃は「今日も直美さんが守ってくれてると思う」と笑顔を見せた。藤山を気遣いあえて連絡はとっていないが、人づてに様子を聞いたそうで「(体調は)だいぶいいみたい」と話した。電話で話したという萬次郎も「元気と言っていた」と明かした。

 同作は歌舞伎の演目で、1961年の初演から71年まで、波乃の父・17代目中村勘三郎さんが主演。歌舞伎俳優以外が演じるのは初めてとなる。「お父さんの舞台を16歳の時に見て、子供心に泣いて笑いました」と振り返り「こんないい天気なので大入りは間違いなし」と気合を入れていた。

最終更新:6/12(月) 12:46
スポーツ報知