ここから本文です

「インディ500」を制した佐藤琢磨選手がANA173便で成田空港に帰国

6/12(月) 18:02配信

Impress Watch

 6月12日、米国インディアナ州で行なわれた世界三大レースの1つ「インディ500」を制した佐藤琢磨選手が帰国した。米国 ヒューストン発、成田15時20分着のANA173便は定刻より早い14時過ぎに成田空港に到着し、14時40分にファンが待つ到着ロビーに姿を現した。ロビーでは集まった多くのファンのリクエストに応え、サインを書いたり会話を楽しみ、その後に琢磨選手のレース活動をサポートしてきたANA(全日本空輸)のスタッフによる花束贈呈式が行なわれた。

【この記事に関する別の画像を見る】

 琢磨選手は集まった報道陣に「ずっと持ち続けた夢が叶い、信じられない気分だ。(ここまでの道のりは)長かったような気もするが、なにひとつ無駄なことはなかったと思う。アスリートとしては決して若くないほうだが、この勝利を機にまた新たに頑張ろうと思う」と語り、空港を後にした。

 なお、ANAは琢磨選手の“常に高い目標に挑戦し続ける姿勢”を自社の企業姿勢に重ね合わせて2012年からサポートを続けているが、今回の「インディ500」での偉業達成は社内のカーレース好きはもちろん、この世界をあまり知らなかった社員など多くの人の心にまで響き、社内のムードも盛り上がっているとのことだ。

Car Watch,高橋 学

最終更新:6/12(月) 18:37
Impress Watch