ここから本文です

「ケアニン」完成披露、戸塚純貴に松本若菜が「弟だと思ってます」

6/12(月) 21:01配信

映画ナタリー

「ケアニン~あなたでよかった~」の完成披露試写会が本日6月12日に東京・ニッショーホールで行われた。

【写真】戸塚純貴(他12枚)

「ケアニン~あなたでよかった~」は、小規模介護施設に入所する人々や、ともに働く仲間とのふれあいを通して成長していく新人介護福祉士・大森圭を軸にしたヒューマンドラマ。「ライチ☆光クラブ」「先輩と彼女」の戸塚純貴が圭に扮する。

舞台挨拶にはキャストの戸塚、水野久美、松本若菜、監督の鈴木浩介、監修を務めた加藤忠相(あおいけあ代表)、主題歌を担当した香川裕光が登壇。撮影に臨むにあたり、加藤が運営する介護施設を訪問したという戸塚は「僕が持っていた介護のイメージとはまったく違って。そこではおばあちゃんやおじいちゃんがすごく楽しそうに暮らしていたんです」と衝撃を受けたことを明かす。その経験から学んだことを伝えようと意識したという撮影について「水野さんをはじめとする周りの役者さんから得たものを、すべて自分の中に取り込んで芝居をしました」と回想すると、水野は「すごく初々しくて、かわいい坊やでしたよ」と戸塚にほほえみを向けた。

認知症を患う被介護者を演じた水野は「私自身も認知症になってもおかしくない年齢なので」と前置きしたあと、「介護の世界には、あおいけあの方々のような素晴らしい人たちがいることを知れてよかったです」としみじみ振り返る。また、圭の先輩にあたる介護福祉士に扮した松本は「あおいけあさんの介護のやり方に感銘を受けて。介護って楽しい仕事なんだと思いました」と戸塚と同様に驚いたエピソードを披露。続けて「戸塚くんとは今までに何度かお仕事をする機会があったので、勝手に弟だと思ってます」と述べると、戸塚は照れ笑いを浮かべた。

イベントでは、香川が主題歌「星降る夜に」を歌唱する一幕も。元介護職員である香川は、同曲制作のため被介護者たちに話を聞きに行ったという。そんな香川の歌声に心を打たれ、観客席には涙を流す人も見られた。

最後に鈴木は「10日間くらいで撮影したんですけど、ほぼ毎日嵐だったんですよ。でもそれが現場にいい空気感をもたらしてくれた気がします。もし観ている最中に嵐の片鱗を発見しても内緒にしてね」と冗談交じりに話し、戸塚は「この作品を通して、ただ生きているだけでは気付けないことに気付かせていただきました。若い方にたくさん観ていただいて、刺激を受けてほしいです」と胸の内を語った。

「ケアニン~あなたでよかった~」は6月17日より全国にて順次公開される。



(c)2017「ケアニン」製作委員会

最終更新:6/12(月) 21:01
映画ナタリー