ここから本文です

板垣恵介の単行本未収録作が別チャンに、異色の恋愛マンガ「マリア」など

6/12(月) 22:08配信

コミックナタリー

「刃牙」シリーズで知られる板垣恵介による、単行本未収録の読み切りを収めた小冊子が本日6月12日発売の別冊少年チャンピオン7月号(秋田書店)に付属している。

【写真】別冊少年チャンピオン7月号(他1枚)

1994年に発表された「蹴人-シュート-」は、ムエタイと柔術の戦いを描いた格闘技もの。異種格闘技トーナメントを舞台に、主人公の原島はかつてコーチを破った柔術家へのリベンジに挑む。一方、1996年に描かれた「マリア」は異色の恋愛作品。顔中キスマークだらけの男・麻理亜蓮(まりあれん)は、ラブホテルから男性と一緒に出てきた女・香子を一目見るなり「彼は君を幸せにする男ではない」と自信満々に語り始める。それを無視した香子はその後も数多くの男性と一晩限りの情事を繰り返すが、蓮はそれを意に介さずに彼女を口説き続け……。

また今号の別冊少年チャンピオンには「羽恋らいおん」「君花さんのスイーツマッチ」 の石坂リューダイによる読み切り「京都鴨川寮、上がる下る入る」も掲載された。