ここから本文です

【函館スプリントS】セイウンコウセイ、G1馬の貫禄を見せつける!

6/13(火) 6:02配信

スポーツ報知

◆第24回函館スプリントS・G3(18日・芝1200メートル、函館競馬場)

 函館開幕週は、サマースプリントシリーズ第1戦の第24回函館スプリントS・G3(18日、函館)。今年の高松宮記念を制したセイウンコウセイが王者の走りを見せつける。

 高松宮記念を勝ったセイウンコウセイが函館に現れる。のちに高松宮記念を勝つキンシャサノキセキやカレンチャン、ロードカナロアも参戦したレースだが、その年の優勝馬が出てくるのは、04年のサニングデール以来13年ぶりだ。前走後は安田記念を使うプランもあったが、「4歳で続けてG1を使うのはかわいそう。ここなら56キロの斤量で出られますからね」と上原調教師は出走の理由を説明した。

 決め手はもう一つ。洋芝適性だ。高松宮記念は雨の降る稍重で優勝。道悪で2勝するなど、力の要る芝を得意としている。「北海道は初めてだが、道悪で結果を出してきたから、洋芝は問題ない」とトレーナーは自信を見せた。

 7日に美浦のウッドチプコースで4ハロン51秒5―12秒1を叩き出し、10日に函館へ出発。「向こうに行って調整程度で済むように。動きは良かった」とうなずいた。このレースの後は北海道で休養し、スプリンターズS(10月1日、中山)へ向かう予定。G3でG1馬の貫禄を見せつける。(石野 静香)

最終更新:6/13(火) 6:02
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ