ここから本文です

39歳・大野、アイルランド戦で99個目代表キャップ自信

6/13(火) 6:03配信

スポーツ報知

 ラグビー日本代表は12日、2019年W杯1次リーグで対戦が決まっているアイルランド代表戦(17日、静岡・エコパ)に向け、試合会場横の補助競技場でグラウンド練習を再開。追加招集された最年長39歳のロック・大野均(東芝)が、99個目の代表キャップ獲得へ意欲を示した。

 全体練習で控え組に入り攻守の役割を確認。15日に発表される登録23人入りへ「まだ出られるか分からないけど、準備は積んできた。まだ必要とされているのがうれしい」と意気込んだ。真壁伸弥(サントリー)、梶川喬介(東芝)らが負傷離脱し、急きょ招集したジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ(HC)も「キンさん(大野)は選ばれたら(前人未到の)100キャップを目指し、全てをなげうつ覚悟で全力を出してくれるだろう」と期待した。アイルランドと日本は05年6月以来の対戦で、大野はチームで唯一の経験者。「みんな2019年の主役になろうという気概を感じる。チームのために頑張りたい」と腕まくりした。

最終更新:6/13(火) 6:06
スポーツ報知