ここから本文です

【MLB】M.シャーザー、史上3番目の速さで通算2,000奪三振

6/12(月) 13:12配信

ISM

 ワシントン・ナショナルズのエース右腕マックス・シャーザー投手が、現地11日のテキサス・レンジャーズ戦でメジャー通算2,000奪三振を達成した。

 シャーザーは3回までに4三振を奪って大台到達にリーチをかけると、4回の先頭打者ノマー・マザラ外野手を空振り三振。1,784イニングでの大台到達はペドロ・マルティネス氏(1,711回)、ランディ・ジョンソン氏(1,733回1/3)の殿堂入り投手に続く史上3番目の速さだという。

 ただしナショナルズは好投のシャーザーを援護できず。シャーザーは1対1で迎えた8回に味方のエラーとこの日初めての四球で1死一、二塁となったところで降板し、リリーフ陣が勝ち越しを許したため7回1/3を3安打、1四球、10奪三振、3失点(自責点は2)で4敗目(7勝)を喫した。

 シャーザーのメモリアルゲームを1対5で落としたナショナルズのダスティ・ベーカー監督は、「シャーザーは全力を尽くしてくれた」と振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:6/12(月) 13:13
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/25(火) 23:05