ここから本文です

【NBA】バックス、かつての本拠地「メッカ」で試合開催

6/12(月) 15:48配信

ISM

 ミルウォーキー・バックスが現地10日、2017-18シーズンのホームゲーム1試合を、かつての本拠地「メッカ・アリーナ」で開催することを発表した。

 これは球団創設50周年を祝うためのもの。日程や対戦相手については現時点では発表されていない。

 バックスは1968年から88年まで、「メッカ・アリーナ」を本拠とし、ルー・アルシンダー氏(のちにカリーム・アブドゥル・ジャバーと改名)、オスカー・ロバートソン氏を擁した1971年には、この地でリーグ優勝を味わっている。

 バックスのピーター・フェイギン球団社長は、かつての本拠地での試合開催が、「選手とファンにとって「類のない特別な機会」になると述べた。

 なお、「メッカ・アリーナ」は現在「パンサー・アリーナ」と呼ばれ、ウィスコンシン大学ミルウォーキー校とAHL(アメリカン・ホッケー・リーグ)のミルウォーキー・アドミラルズが本拠として使用している。(STATS-AP)

最終更新:6/12(月) 15:48
ISM