ここから本文です

海岸林再生願い 相馬で東邦銀クロマツ植樹

6/12(月) 11:09配信

福島民報

 東邦銀行は10日、東日本大震災の津波で被災した福島県相馬市磯部の大洲地区海岸防災林で植樹活動を行い、行員らがクロマツ750本を植えた。
 平成21年から進めている「とうほう・みんなの森づくり」活動の一環。同行が管理する「とうほう・みんなの防災林」で行い、行員や家族約120人が参加した。参加者は広さ0・14ヘクタールの土地に、海岸林の再生を願いながらクロマツを丁寧に植えた。
 開始に先立ち、開会式が行われた。同行の佐藤稔専務が「少しでも海岸防災の役に立てれば」とあいさつした。

福島民報社

最終更新:6/12(月) 11:09
福島民報