ここから本文です

EXILEら所属LDH、ショートフィルムに本格参戦 AKIRA&岩田&Amiが主演作の魅力語る

6/13(火) 6:00配信

オリコン

 人気グループ・EXILEらが所属する芸能プロダクション「LDH」の映画部門「LDH PICTURES」は、ショートフィルムの総合ブランド「Short Shorts」とタッグを組み、作詞家・小竹正人氏の世界観を具現化する音楽と映像のプロジェクト『CINEMA FIGHTERS』を、アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2017』(6月1日~6月25日)で初お披露目した。

【独占インタビュー】AKIRA&岩田剛典&Dream Ami、主演作の魅力語る

 ORICON NEWSは、ショートフィルム『キモチラボの解法』(A.T監督)に出演するEXILE/EXILE THE SECONDのAKIRA、『色のない洋服店』(斉藤俊道監督)に出演するDream Ami、『SWAN SONG』(落合賢監督)に出演するEXILE/三代目 J Soul Brothersの岩田剛典にインタビューを敢行。

 AKIRAは、妹分のFlowerの楽曲「白雪姫」を題材とした作品に出演することについて、劇中では“感情を売る”と言う特殊な役に挑んだが「ものすごく面白かった」と自信たっぷり。

 岩田はもともと好きだったというEXILEの楽曲「Heavenly White」を題材した作品に出演。未曾有の大寒波に見舞われた東京を舞台としたラブストーリーに挑戦したが、「監督のディレクションでこんな世界になるんだって個人的に驚きがあった作品」と充実感をにじませた。

 自身のソロデビュー曲「ドレスを脱いだシンデレラ」を題材とした作品で、映画初主演を飾ったAmiは「すごくうれしくて光栄なこと」と感激。同曲のミュージックビデオが色鮮やかな構成の反面、今作では色を失った世界で生きる女性を演じたことに「驚きもありつつ、角度を変えてみればこんな風に表現できるんだなと思った」とアーティストとして新たな刺激を受けている様子だった。

 このプロジェクトは、毎年変わるコンセプトを元に、選ばれし6人の監督が短編映画を制作する。初となる今回は『第70回カンヌ国際映画祭』でエキュメニカル審査員賞を受賞した河瀬直美監督をはじめとする6人の映画監督が、小竹氏の世界観を6つのショートフィルムに収め、東京5会場、横浜1会場で上映中。また今秋には劇場公開が決定している。

最終更新:6/13(火) 14:35
オリコン