ここから本文です

のん、アカペラ60秒CMで充実感 作曲挑戦明かし「歌手活動は“憧れ中”」

6/13(火) 23:00配信

オリコン

 女優・のんが13日放送の『LINEモバイル』スペシャルテレビCMで、同社CMに起用されているキリンジの「エイリアンズ」をアカペラで披露した。CM収録を終えたのんはORICON NEWSの取材に応じ、歌うことのやりがいを明かしながら、今後の活動についても語った。

【動画】のん、“1回限り”放送のTVCMでアカペラに挑戦

 13日、テレビ朝日系で放送されたサッカー中継番組のハーフタイムに一夜限りで放送された60秒の長尺CMで、のんは透き通るような美声で同曲を歌い上げた。監督からは「たったひとりの誰かのために歌っているような女の子の気持ちと、“怒り”を表現してほしい」と指示を受けた。さらに撮影前、2日にわたって「エイリアンズ」楽曲作者の堀込泰行がギターを片手に直接、のんを指導。そんな状況に、のんは重度のプレッシャーに襲われたという。

 「スタジオに入って密閉された静かな空間でレッスンさせていただいたんですけど、すごく緊張してしまって…。堀込さんの生ギターで教えていただいていた。息のタイミングがわからなくなった。ちょっとでも音を立てたらダメなんじゃないかと勝手な思いで呼吸を止めた。それで酸素が回らなくなって『深呼吸してきます!』って息抜きしました」と、“らしい”エピソードを明かした。

 そんな極度の緊張状態も克服し、収録は納得のできるものだった。「本番を迎えて歌わせていただくと、曲自体が素晴らしいのでうまく集中して表現できた」と笑顔。出来栄えに関しては「感触的には今までで一番、いい歌を歌えたんじゃないかな。堀込さんにも、ほめていただきました。『月の裏を』というフレーズのところは私の個性が出ていると思ってくださっていたみたいです。『ステキでした』とおっしゃっていました。やった!」と胸を張った。

 CMを取り終え、歌で表現する難しさや楽しさを再認識した。「すごく楽しかった。演技だとナチュラルに振る舞うのに集中するんですが、歌うのはストレートに素直に表現する」と女優と歌手の違いに言及。「歌を歌うのは、すごく魅力的なお仕事だなって思いました。表現が広がるような気がしました」と充実感をにじませた。ギターが趣味だが、まだ人前で披露する腕ではないという。「曲を作ったりしているんです。おうちでポロロンって。でも、まだ難しい」と話し「歌手活動は“憧れ中”ですね」と天真爛漫に目標を明かした。

 『LINEモバイル』の次回CMについては「ギターを引くのが好き。『エイリアンズ』は難しいんです…。でも簡単にしたものならば弾けます。堀込さんと2人での出演もいいですね」とセッションを夢見ていた。「(同社のCMは)刺激的な現場なので望まれるならば出続けたい」と出演継続を希望。一方で「知らない間に変わったときは割り切れるタイプ」と謙虚さも忘れずに、関係者を笑わせた。

 最後には「のんなりの表現ができたと思う。今回もまた究極にシンプルに仕上がりました。素直な気持ちでお手柔らかに、ご覧ください。きっとステキだと思います」とアピールした。

最終更新:6/13(火) 23:05
オリコン