ここから本文です

【10度目V一問一答】ナダル「信じられない。感動ばかりで言葉が見つからない」 今大会の計7試合で1セットも落とさず/全仏テニス

6/12(月) 0:43配信

サンケイスポーツ

 テニス・全仏オープン最終日(11日、パリ)男子シングルス決勝で、第4シードのラファエル・ナダル(31)=スペイン=が、2015年覇者で第3シードのスタン・バブリンカ(32)=スイス=を6-2、6-3、6-1で破り、3年ぶり最多10度目の優勝を飾った。ナダルは4大大会で2014年の全仏以来、15個目のタイトルとなり、通算18勝のロジャー・フェデラー(35)=スイス=に次ぐ、歴代単独2位となった。今大会の計7試合で1セットも落とさなかった。

 試合後のナダルとの一問一答は以下の通り。  

 --10度目の優勝

 「信じられない。10度目の優勝は特別。感動ばかりで言葉が見つからない」

 --全仏は特別な大会

 「どのグランドスラムでもベストを尽くすが、ここのセンターコートに入った瞬間にみなぎるアドレナリンは、他の大会と違う。それがあるからこそ、優勝したときの達成感は言葉にできない。一番好きな大会。応援してくれてありがとう」

 --優勝スピーチを

 「スタンはすばらしいプレーの連続だった。本当にすばらしい大会。ここに何年も来ることができて、この気持ちをうまく説明することは難しい。とても特別な場所。比べることも難しい。何もかも感謝している。このコートでプレーできることは、これ以上すばらしいことはない」