ここから本文です

長嶋氏、大東の豪快3ラン絶賛「まるでプロ野球」/全日本大学野球

6/12(月) 10:12配信

サンケイスポーツ

 全日本大学選手権最終日(11日、国際武道大2-9立大、神宮)決勝を行い、立大(東京六大学)が9-2で国際武道大(千葉)を下し、1958年以来、59年ぶり4度目の優勝を果たした。

 1957年大会の優勝に貢献した立大OBで巨人・長嶋終身名誉監督が貴賓席から声援を送った。優勝が決まると、立大のマフラータオルを首にかけて立ち上がり、選手と、内野席を埋めた観衆1万2000人に手を振った。印象に残ったシーンとして、一回に大東が放った左越え3ランを挙げ「まるでプロ野球を見ているよう」と褒めたたえた。応援歌も一緒に口ずさむなど終始、笑顔だった。