ここから本文です

東海から西は梅雨の晴れ間  関東は不安定な空模様

6/12(月) 5:18配信

ウェザーマップ

 きょう12日は、東海や西日本では梅雨の晴れ間となるが、関東や北陸、北日本は曇りがちで、所々で雨が降る見込み。北陸や北日本では気温も低く、20℃に届かない所が多くなりそうだ。

 日本の南には梅雨前線がのびているが、きょう前線の影響を受けるのは沖縄や奄美、九州の一部に限られそうだ。沖縄では雨が降ったり止んだりで、局地的に雷を伴って激しく降るおそれがある。奄美では夕方から、鹿児島でも夜遅い時間には、それぞれ雨が降りはじめる見込み。そのほか西日本や東海は高気圧に覆われて、広く日差しが届き、夜にかけても天気の崩れはほぼなさそうだ。

 一方、関東や北陸、東北では湿った空気の影響で雲が広がりやすく、すっきりしない空模様となる。関東は未明から弱い雨が降っていて、このあとも朝9時頃までは雨の残るところがありそうだ。その後、日中は多少晴れ間もあるが、夕方以降は再び天気が崩れ、関東の所々で雨となる見通し。

北陸や北日本は日中も20℃以下 関東も気温低め

 きょうは、曇りがちとなる北陸や東北に加え、晴れる北海道でも気温があまり上がらず、これらの地域では日中も20℃に届かないところが多い予想。関東もきのうより低くなり、23~25℃くらいとなりそう。東京の予想最高気温は23℃で、5月中旬頃の気温となる。(気象予報士・染井明希子)

最終更新:6/12(月) 5:18
ウェザーマップ