ここから本文です

マギー、くっきり“美デコルテ“披露

6/12(月) 10:01配信

AbemaTIMES

 11日、モデルのマギーがアジア最大級の短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017』の授賞式にプレゼンターとして出席。黒ドレスで現れ、くっきり“美デコルテ”を印象づけた。

 マギーはこの日、『第2回 ひかりTVアワード』を獲得した松居大悟監督(ノミネート作品:ゆーことぴあ)にトロフィーを授与。ひかりTVのサービスを展開するNTTぷららのバックアップを受け、4Kの短編映画を制作する松居監督に「4Kになると、いま見えるものが、よりリアルに見えるようになると思います。監督さんが伝えたいものだったり、役者さんが伝えたいと思うこと…。その感情の方にもリアルに、生っぽさが、観ている人に伝わるようになると思います。次回作の出来上がりを楽しみにしています」と期待を込めた。

 松居監督も「期待されている通りのもの、これまで見たことがない、圧倒的な作品を作ってみたいと思います。でも、元になるものは、僕が好きな温かい感情だったり、思いの部分です。そのことを忘れずに、アナログの上にデジタルをのせていきたいです」と意気込んだ。

 今回、授賞式に加え、前回受賞者のA.T.(エー・ティー)監督が手がけた『サルガッソー』予告編のお披露目も行われ、「本編は7月1日から、ひかりTVにて放映されます」との追加情報が発表された。

 同映画祭は、東京・横浜の計6会場で、今月25日まで開催中。世界140以上の国と地域から集まった約9000作品の中から、厳選された約250作品が無料で楽しめる(Peatixでのチケット予約が必須)。

 なお、授賞式には、小池百合子東京都知事が『シネマチックTOKYO東京部門』のプレゼンターとして登場。番場秀一監督がメガホンを取った『東京音頭℃』を選出した。

最終更新:6/12(月) 10:01
AbemaTIMES