ここから本文です

People In The Box『Things Discovered』リリース・ツアー東京公演、バンドを純粋に取り戻す“二重構造の謎”

6/12(月) 18:10配信

Billboard Japan

 People In The Boxがデビューミニアルバム『Rabbit Hole』をリリースしてから早10年。2017年1月に10周年記念アルバム『Things Discovered』がリリースされ、5月からはリリース・ツアー【10th Anniversary『Things Discovered』release tour】がスタートした。

People In The Box リリース・ツアー写真(全8枚)

 ファイナルとなった6月3日の東京・STUDIO COAST公演では、「People In The Boxっていうものを純粋に取り戻すっていう、そんなツアーになったんじゃないかなあと思ってるんですけど、それは今日、終わってみないとわかりません」と呟いた波多野裕文(vo,g)。いざ、終わってみて思う。謎だらけだった。つまりPeople In The Boxを純粋に取り戻すことができるツアーだったということである。

「あれはなんだったんだろう」二重構造の謎

 不規則な時計の音から始まるおなじみのSEが流れ、いつも通り颯爽と登場したメンバー。波多野も福井健太(b)もよく楽器を持ち替えるため3ピースにしては機材が多いのだが、STUDIO COASTの広いステージにおいても中心に小ぢんまりと配置。どこのライブハウスでもずっと同じ距離感でやってきたという彼ら。全体像を捉えるには丁度よく、だからこそサウンドの広がりをより強く感じられるのだとも思う。

 SEが止んで最初に演奏されたのは、その開放的な展開がライブの始まりにふさわしい「月曜日 / 無菌室」。そして「People In The Boxです。よろしくお願いします」という挨拶に続き、『Things Discovered』よりメロディの美しさが際立つ「木洩れ陽、果物、機関車」、TVアニメ『東京喰種 トーキョーグール』のエンディングテーマとしても知られる「聖者たち」を一気に披露。大きな歓声と拍手には波多野も笑顔を浮かべ、この日については「ツアーファイナルということなんですけど、案外、ファイナル感が僕らの中になくて。やっぱり『Things Discovered』っていうアルバムの性質が。未だにこう、あれはなんだったんだろう……っていう。でもね、本当に問いかけるアルバムだったと思うんです」と語っていた。

 正に言葉の通りだろう。新録アルバムとベスト盤の2枚から成る『Things Discovered』。哲学的でコンセプチュアルな作品が多い彼らにしては聴きやすくまとまっており、手に取りやすい作品ではあるが、素直に“ベスト盤”と呼ぶには少々マニアックな選曲のため、波多野も呟いた通り「これはなんなんだろう」と首を傾げるファンも多かった。リリース・ツアーも一般的なそれとはかけ離れた内容となり、今作からセットリストに組み込まれたのは僅か7曲。なんと全体の半分以下である。

1/3ページ

最終更新:6/12(月) 18:10
Billboard Japan