ここから本文です

【福岡】嘉麻市の産廃火災 県が立ち入り検査

6/12(月) 11:30配信

九州朝日放送

九州朝日放送

嘉麻市で燃え続ける産業廃棄物処理施設での火災。
福岡県が廃棄物の実態調査のため9日、検査に入りました。
嘉麻市の産業廃棄物中間処理施設「エコテック」では、先月28日に起きた火災の消火活動がいまだに続いています。
県は燃え殻を含む廃棄物の現状を把握するため、鎮火してから立ち入り検査を行うことにしていました。
しかし、鎮火の目処が立たないことから9日、廃棄物や地質の専門家らと現場に入りました。
嘉麻市によりますと、火災の影響で体調不良を訴えている人は8日までに79人いて、マスクの着用や相談窓口の利用を呼びかけています。

最終更新:6/12(月) 11:30
九州朝日放送