ここから本文です

【バレー】ジルソン監督サントリー退任前の”最後の声”

6/12(月) 19:55配信

バレーボールマガジン

サントリーサンバーズは5月23日、荻野正二氏が監督に就任することを発表した。それに伴い、ジルソン体制は終焉を迎えた。2014年から3シーズンに渡って指揮し、15年の黒鷲旗で優勝したものの、Vプレミアリーグでは2014・15シーズンの準優勝が最高位。選手時代にはサントリーの5連覇を導いた英雄としては、少し寂しい成績に終わった。黒鷲旗の準々決勝・堺ブレイザーズ戦敗退後に退任前“最後”の声を聞いた。

ーー黒鷲旗が終わり、今シーズンを終えました。今シーズン、これまでの感想は?

ジルソン・ベルナルド監督(以下、ジルソン):今シーズンに関しては、有望な若手選手が活躍してくれた。ただ、ファイナル6の段階では経験不足だったのが、一つ大きかったかもしれない。ベテラン選手が経験という面ではもちろん、若手選手たちを色々とサポートしてくれた。若い選手たちはこれからも期待できる。私の個人的な意見ですが、あまりに、日本のバレーボールの若い選手たちに対して、プレッシャーがかかっている。例えば、話題の「NEXT4」とか。ある部分まだ未熟なところもあるなかで、「彼らが日本のバレーを作ってくれる」という雰囲気を無理して作っている傾向がある。そういうところは修正する必要があるのではないか。

ーーその「NEXT4」と言われている一人である、柳田将洋選手を指導してきました。ジルソン監督の目から見た柳田選手はどううつりましたか? 海外リーグへの挑戦を表明しましたが。

ジルソン:日本にとって大事、非常に真面目な選手。プレッシャーに強いタイプ。プレッシャーの中で、バレーボールで強い選手になるまでには、いろんな状況、いろんなプレッシャー、いろんな厳しい状況、そういうプレッシャーが当たり前となっていくまでは、まだ時間がかかると思う。彼がさらに成長するためには海外挑戦するのは不可欠。正しい選択だと思う。

ーー海外挑戦の相談はされていましたか?

ジルソン:本人から直接、相談されたわけではないけれど、相談される前に、私の方から彼に言うことがあったり、他の記者から「柳田選手をどう思いますか?」「彼が成長するためにはどういうところが大切ですか?」とたまに聞かれ、よく答えていたのは、海外のリーグで、外国人選手のいるところで、徹底的に挑戦した方がいいですよとは言っていた。

ーー柳田選手の身長(186センチ)で通用すると思いますか?単純に身長の面から見てどうでしょう。
(*身長が全てではもちろん無いが、世界トップレベルのウィングスパイカーは190センチ以上はある)

ジルソン:クビアク、ジバ、ムーリオ(と名前を挙げた。「彼らは決して高身長じゃないよ」という意味を指すと思われる)のイメージ。もちろんいい選手だったら、確かに海外のバレーでいうと190センチ、193センチはあるかもしれないが。

1/2ページ