ここから本文です

九州南部 週末以降も気温上がりにくい 低温に関する情報

6/12(月) 15:19配信

ウェザーマップ

 きょう12日の九州南部は、最高気温が平年並みの所が多くなったが、宮崎市など一部で平年を3℃前後下回った。あす13日は朝の気温、日中の気温ともに平年を下回る所が多い見込み。
 
 九州南部は、今週半ば以降も気温が平年より低い日が多く、特に17日(土)頃からの1週間ほどは、かなり低くなりそうだ。このため、鹿児島地方気象台は「低温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物の管理等に注意するよう呼びかけている。
 
 なお、最新の1か月予報によると、九州南部は7月上旬にかけて前線や湿った空気の影響を受けやすく、降水量が平年より多い一方で、日照時間は平年より少なくなる見通し。こうした気象条件が、低温に結びつきやすいと考えられる。今後は、大雨や日照時間の少ない状態にも注意が必要だ。

最終更新:6/12(月) 15:19
ウェザーマップ