ここから本文です

石破茂氏「住民主体で地域の活性化を」 高知・土佐町

6/12(月) 14:11配信

テレビ高知

前・地方創生担当大臣の石破茂・衆議院議員が、土佐町の集落活動センターを視察しました。

土佐町の集落活動センター「いしはらの里」を訪れた石破氏は、地域住民が主体となって合弁会社を設立し、特産品をいかした商品開発を行っていることなどを視察しました。

この後、高知市で地方創生について講演した石破氏は「人口減少で国家衰退の道をたどっていることを 直視しなくてはいけない」とした上で、住民主体で地方の活性化に取り組むことの重要性を訴えました。

(石破茂・前地方創生担当相)
「あくまで主体はそこに住む住民。やりっ放しの行政でも無関心の市民でもない」

また石破氏は「住民主体という意味では高知の集落活動センターの取り組みは全国的なモデルになる」と話していました。

最終更新:6/12(月) 14:11
テレビ高知