ここから本文です

『ワンダーウーマン』北米で2週連続1位 全世界興行4億3500万ドルを記録

6/12(月) 14:10配信

ぴあ映画生活

トム・クルーズ主演作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』のデビューをはねつけて、『ワンダーウーマン』が、北米で2週連続の1位を獲得した。

1週目から45%のダウン。 スーパーヒーロー映画は、2週目に60%くらい落ちるのが普通で、これはかなり低いといえる。現在までの北米での売り上げは2億ドル。全世界では4億3500万ドルを売り上げている。

一方『ザ・マミー…』は、3300万ドルというがっかりの北米デビューとなった。批評家の評も芳しくなく、rottentomatoes.comによれば、褒めているのはたった17%。ユニバーサルは、今作を皮切りに、フランケンシュタイン、透明人間など、古典モンスターをつなげる『ダーク・ユニバース』を始めるかまえだが、ぱっとしないスタートになった形だ。

3位はアニメ『Captain Underpants』、4位は『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』、5位は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』だった。

文=猿渡由紀

最終更新:6/12(月) 14:10
ぴあ映画生活