ここから本文です

ジョコビッチ 約6年ぶり世界ランク2位から転落、4位へ後退<男子テニス>

6/12(月) 7:07配信

tennis365.net

世界ランキング

男子テニスの6月12日付ATP世界ランキングが発表され、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準々決勝で敗退したN・ジョコビッチ(セルビア)は前回から1,640ポイント失い、2つ下げて4位へ後退した。ジョコビッチが2位から転落するのは、2011年3月7日以来 約6年3カ月ぶり。

【ジョコ 全仏でブーイング受ける】

昨年の全仏オープンで初優勝を飾り、史上8人目の生涯グランドスラムを達成したジョコビッチ。

今年はこれまでのチームとの契約を終了し、元世界ランク1位のA・アガシ(アメリカ)をコーチに迎えて8年連続のベスト8進出を果たしたが、D・ティーム(オーストリア)との準々決勝でストレート負けを喫した。

今後は、7月3日に開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)に出場する予定。昨年は3回戦でS・クエリー(アメリカ)に敗れる波乱に見舞われた。

6月12日付のATP世界ランキングは以下の通り。
※[]内は前回のランキングからの変動数、()内は前回のポイント

■1位[ - ]…A・マレー(英国)
9,890ポイント(10,370ポイント)

■2位[ +2 ]…R・ナダル(スペイン)
7,285ポイント(5,375ポイント)

■3位[ - ]…S・ワウリンカ(スイス)
6,175ポイント(5,695ポイント)

■4位[ -2 ]…N・ジョコビッチ
5,805ポイント(7,445ポイント)

■5位[ - ]…R・フェデラー(スイス)
4,945ポイント(5,035ポイント)

■6位[ - ]…M・ラオニッチ(カナダ)
4,450ポイント(4,450ポイント)

■7位[ +1 ]…M・チリッチ(クロアチア)
4,115ポイント(3,765ポイント)

■8位[ -1 ]…D・ティエム
3,985ポイント(4,145ポイント)

■9位[ - ]…錦織圭
3,830ポイント(3,650ポイント)

■10位[ - ]…A・ズベレフ(ドイツ)
3,070ポイント(3,150ポイント)

tennis365.net

最終更新:6/12(月) 7:11
tennis365.net