ここから本文です

雪っ娘かぼちゃ...種まきに汗 飯舘の有志、イオンなどで販売へ

6/12(月) 11:23配信

福島民友新聞

 飯舘村民有志でつくり、村の農業振興に取り組む「いいたて雪っ娘かぼちゃプロジェクト協議会」とイオンは10日、福島市で同村特産カボチャ「いいたて雪っ娘かぼちゃ」の種まきを行った。秋に収穫し、冬至に合わせて県内6店舗のイオンなどで販売する。
 同社の復興支援の一環。今年1月に同市の店舗で雪っ娘かぼちゃを販売したことなどをきっかけに、栽培段階から同社が協力することが決まった。
 同市松川町の畑で行われた種まきには、同協議会の渡辺とみ子会長と熊谷則子副会長のほかイオンの従業員ら計13人が参加。参加者は畝にかぶせておいたシートに穴を開けて種をまき、土を掛けていった。
 9月ごろに収穫する予定で、約2カ月寝かせて糖度を上げた後、12月に販売するという。約1.2ヘクタールの畑から約3トンの収穫を見込んでいる。

福島民友新聞

最終更新:6/12(月) 11:23
福島民友新聞