ここから本文です

鮎漁解禁を前に川をキレイに/富山

6/12(月) 9:36配信

チューリップテレビ

 今月16日にアユ漁が解禁されるのを前に、富山市の神通川で地元の住民たちが河川敷のゴミを拾い集めました。

 これは川の水や川原をキレイにしようと富山漁業協同組合が企画して2001年から毎年、行っているものです。
 11日は、組合員や地元住民などおよそ500人が神通川の流域およそ15キロメートルに渡ってたばこの吸殻や空き缶など河川敷に落ちているゴミを拾い集めました。
 富山漁協によりますとゴミの量は清掃活動を始めた当時は5トンあまりでしたがのぼり旗を立てるなどして注意喚起したこともありここ数年は、およそ2トンまで減っているということです。
 県内のアユ漁は釣り漁の解禁が今月16日午前5時からで、網漁は21日に解禁されます。

チューリップテレビ