ここから本文です

19歳の綿貫陽介 有明国際OP制覇、竹内研人に逆転勝ち<男子テニス>

6/12(月) 8:22配信

tennis365.net

橋本総業 東京有明国際オープン

男子テニスツアーの下部大会である橋本総業 東京有明国際オープン(東京/有明、ハード)は11日、シングルス決勝戦が行われ、19歳の綿貫陽介(グローバルプロテニスアカデミー)が第5シードの竹内研人(北日本物産)を4-6, 6-1, 6-4の逆転で破り、優勝を果たした。

【綿貫陽介 錦織「別人に感じた」】

綿貫は今大会、1回戦で予選勝者の古田伊蕗(早稲田大学)、2回戦で第6シードの今井慎太郎(東通産業)、準々決勝で第2シードの関口周一(Team REC)、準決勝で第3シードの高橋悠介(三菱電機)を下して決勝へ駒を進めていた。

また、綿貫陽介は兄の綿貫裕介(橋本総業ホールディングス)とペアで今大会のダブルスにも出場しており、前日の決勝戦で福田創楽/ 笹井正樹(共にフリー)組に敗れるも準優勝を飾っていた。

11日の試合結果は下記の通り。

【シングルス決勝】

綿貫陽介 4-6, 6-1, 6-4 (5)竹内研人

tennis365.net

最終更新:6/12(月) 8:22
tennis365.net

Yahoo!ニュースからのお知らせ