ここから本文です

「放出したのが信じられない」 ニャブリのバイエルン行きにアーセナルサポーター不満爆発

6/12(月) 12:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ブレーメンからバイエルンに移籍

アーセナルはもう少し上手く彼を活かすことはできなかったのか。ドイツ代表MFセルジュ・ニャブリがブレーメンからバイエルンへ移籍したことを受け、アーセナルサポーターからは失望の声が挙がっている。

グアルディオラがドイツをW杯制覇に導いた?

ニャブリは16歳からアーセナルでプレイしていたが、年齢を重ねてもなかなか出場機会は増えず、昨夏にはブンデスリーガのブレーメンへ完全移籍した。するとそこで才能が開花し、今季はチーム2位となる11得点を記録。同じく昨夏行われたリオデジャネイロ五輪では得点王にも輝いており、バイエルンが注目するのも当然だ。年齢も21歳と若く、今後さらなる成長に期待がかかる。

英『METRO』はニャブリがバイエルンMFドウグラス・コスタの代役になるのではないかと伝えており、トッテナムやリヴァプールなどが関心を示しているコスタがチームを離れるとの予想だ。アーセナルで出場機会を確保できなかった男が、わずかの間にコスタの代役候補とまで言われるようになったのは驚きだ。そしてこの才能を活かしきれなかったアーセナルには、サポーターから残念だとの意見が出ている。

「アーセナルはニャブリを売るべきではないと言っていたのに。彼には偉大な才能がある。そして今はバイエルンだ……」、「未だにアーセナルがニャブリを放出したのが信じられない」、「ニャブリがバイエルンへ向かったのを見てアーセナル は恥ずかしいと思うべきだ」

今季ニャブリがブンデスリーガで二桁得点をマークしたことを考えると、サポーターが失望するのも無理はない。アーセナルも今夏にはアレクシス・サンチェスを失う可能性があるが、ニャブリがその代役候補になれたかもしれない。アーセナルは若手の育成に定評のあるクラブだが、ニャブリを活かせなかったのは大きなミスだったか。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報