ここから本文です

カギは「赤ヘル軍団」? ソフトBが首位タイ浮上、交流戦王者の行方は…

6/12(月) 9:14配信

Full-Count

3連覇狙うソフトB、首位で並ぶオリックスもセ首位の広島3連戦残す

 3年連続の交流戦優勝へ向け、福岡ソフトバンクが価値ある1勝を得た。11日の阪神戦に5対2で勝利。オリックスが中日に敗れたことで、9勝3敗で交流戦首位タイに浮上した。

【動画】打撃だけじゃない!ソフトバンク柳田が披露した脅威のダイビングキャッチ

 先発の山田が5回1失点で今季初登板初勝利。千賀投手が背中の張りで離脱したことにより、巡ってきたチャンスをモノにした。5回を投げ切るのに100球を要し、試合中にブルペンで調整するなど悪戦苦闘。工藤監督に「結果だけ見れば良かったけど、内容含めて、しっかりできるように」と厳しいコメントも受けたが、何はともあれ勝利の結果に安どの表情。ヒーローインタビューでは、昨年6月7日以来の白星に「お久しぶりです」と白い歯を見せた。

 味方の好プレーも光った。初回1死、俊介の右中間を破ろうかという打球をセンター・柳田がダイビングで好捕すれば、2回2死一、二塁、大和の左前打で、レフトの中村がホームへ好返球し、失点のピンチを救った。8回2死三塁から、今宮、柳田の連続適時打で貴重な勝ち越し点をつかむと、最後は守護神のサファテがしっかりと締めた。

 これでホークスは6カード連続の勝ち越し。リーグ首位の楽天を1.5差でピタリと追走中だ。千賀、内川ら主力が相次いで離脱する中、地力の強さを見せつけている。

 お立ち台で今宮が「交流戦優勝を目指して頑張っていきます」と力強く宣言したように、まずは3年連続の交流戦Vが直近の目標となる。交流戦も残り6試合。上位3チームがパ・リーグ球団で、9勝3敗で福岡ソフトバンクとオリックス、それを埼玉西武が追う。福岡ソフトバンクもオリックスも、セ・リーグ首位チームの広島と3連戦を残しており、8勝3敗1分の埼玉西武にもまだまだチャンスはあるといえる。

 工藤監督は「終わったら順位は決まる。3連戦の勝ち越しを目標にやっていきます」と、淡々と次戦を見据えた。ペナントレースの順位を大きく左右するといわれる交流戦。2017年のトップに立つのは、どのチームか。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」編集部●文

最終更新:6/12(月) 9:32
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/25(日) 11:00