ここから本文です

ナダル「完璧な全仏OPだった」 1セットも落とさない圧倒的強さ<男子テニス>

6/12(月) 14:10配信

tennis365.net

全仏オープン

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は11日、男子シングルス決勝が行われ、史上最多10度目の優勝を果たしたR・ナダル(スペイン)が、試合後の会見で「初戦からずっと素晴らしいプレーが出来た。完璧な全仏オープンだった」と振り返った。

【ナダル戦で大ブーイング】

この日、第4シードのナダルは2015年覇者で第3シードのS・ワウリンカ(スイス)と対戦。終始主導権を握って圧倒的な強さを見せ、6-2, 6-3, 6-1のストレートで勝利した。

決勝のゲームカウント5-1の時点で勝利を確信したナダルは「それまでは優勝など考えずに目の前のポイントに集中していた。ワウリンカは危険な選手だから、彼に試合へのめり込むチャンスを与えないようにと、精神的に集中していた」と話していた。

また「大会を通してセットは奪われず、1セットで5ゲーム取られたセットもなかった」と語ったように、1回戦からわずか35ゲームしか落としておらず、全てストレートで勝利する完璧な勝ち進みでタイトルを獲得した。

2014年の全仏オープンで優勝して以降、グランドスラムでのタイトルから遠ざかっていたナダル。その3年間で恐れや不安はなかったか問われると「毎日不安はある。不安があるのは悪いことではない。不安があるから、より一生懸命練習するだろうし、改善しようと努力を続けることを受け入れると思う」

「不安を抱いているから、テニス人生でずっと激しい練習を続けている。だから、これまでのような成功を収められたと思う」と心境を明かした。

最後に、7月3日から開幕するウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)へ向けて「2012年に膝を痛めてからは、芝でのプレーはより難しいものになっている。芝でも楽しんでプレーしたいし、またウィンブルドンでのプレーも恋しく思っている。健康で万全な準備さえ出来たら、ウィンブルドンでも良いプレーをするチャンスはあると思う」と意気込みを語った。

tennis365.net

最終更新:6/12(月) 15:28
tennis365.net