ここから本文です

議会改革度ランキング 富山県議会は268位に/富山

6/12(月) 21:13配信

チューリップテレビ

 早稲田大学マニフェスト研究所が12日発表した全国の地方議会を対象に調査した、議会改革度調査ランキングで、富山県議会が268位となりました。
 政務活動費の第三者のチェック機関を設けたことなどで前年度より、大きく順位を上げました。
 早稲田大学マニフェスト研究所の2016年度の議会改革度調査ランキングによりますと富山県議会が268位で、県内の議会ではもっとも上位にランクされました。
 前の年は、388位で、今回、大きく順位をあげました。
 ランキングは、全国の地方議会にアンケートを依頼し、このうち、75.3パーセントにあたる1347議会から回答を得て、評価したものです。
 富山県議会が順位を上げたのは、理由としては▽フェイスブックを使って、情報を発信していることや。
 ▽弁護士や公認会計士などで作る、政務活動費の調査機関を設置したことをあげています。
 また、去年、政務活動費の不正発覚が相次いだ富山市議会は937位でした。
 ちなみに今回のランキング1位は北海道の芽室(めむろ)町議会で、町民の生の声を議会に届ける「議会モニター制度」を実施していることなどが評価されました。

チューリップテレビ

Yahoo!ニュースからのお知らせ