ここから本文です

伊藤竜馬が今季初のツアー本戦入り [スヘルトーヘンボス/男子テニス]

6/12(月) 20:03配信

THE TENNIS DAILY

「リコー・オープン」(オランダ・スヘルトーヘンボス/6月12~18日/賞金総額58万9185ユーロ/グラスコート)の予選に第7シードで出場していた伊藤竜馬(北日本物産)が、決勝で第3シードのジュリアン・ベネトー(フランス)を6-4 6-4で破り、今季初のATPツアー本戦入りを決めた。試合時間は1時間29分。

杉田祐一がグラスコート初優勝で今季3勝目 [サービトン・チャレンジャー]

 今大会に3年連続4度目の出場となる伊藤は、初出場だった2012年に自己最高の8強入り。昨年は2回戦で、サム・クエリー(アメリカ)に3-6 4-6で敗れていた。

 伊藤は1回戦で、アンドレアス・セッピ(イタリア)と対戦する。

 そのほかの日本勢では、杉田祐一(三菱電機)が本戦から出場しており、初戦の対戦相手はヤンコ・ティプサレビッチ(セルビア)となっている。杉田は前週のサービトン(ATPチャレンジャー/12.7万ユーロ)で、グラスコート初優勝を飾っている。

 リコー・オープンはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)

     ◇   ◇   ◇

日本人選手予選結果

【予選決勝】

○12伊藤竜馬(北日本物産)[7] 6-4 6-4 ●9ジュリアン・ベネトー(フランス)[3]

------------

【予選1回戦】

○12伊藤竜馬(北日本物産)[7] 7-6(4) 5-7 6-2 ●11クォン・スンウー(韓国)

------------------------

【上位出場選手シード順位(シングルス)】

マリン・チリッチ(クロアチア)[1]
アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)[2/WC]
イボ・カルロビッチ(クロアチア)[3]
ジル・ミュラー(ルクセンブルク)[4]

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:6/12(月) 20:03
THE TENNIS DAILY